1. 定義その1

    物件内での自殺や殺人、物件での災害
    一般的に事故物件・訳あり物件というものはこちらに該当します。物件内で自殺や殺人が起こった場合には物件内の他の部屋も事故物件とみなされます。マンション等の共有部分、エントランス、敷地内の駐車場等で起こった場合も売買において説明が必要となる訳あり物件です。
  2. 定義その2

    昔不祥事があった場所に建てられた物件
    現在の建物で自殺や殺人、災害がなかったとしても過去にその場所で何か不祥事があった場合も事故物件・訳あり物件とみなされます。災害などがあった後で一度建て替えが行われていたとしても、すでに事故物件なのです。
  3. 定義その3

    近隣で不祥事があった物件
    隣の物件で災害・事件があった、近隣に反社会的勢力の事務所や、過激な宗教団体等がある場合でも訳あり物件となります。物件内で直接何か起こった場合でなくても訳あり物件であるという説明が必要となります。
  4. 定義その4

    再建築不可の物件
    現在まで一度も事故や災害が起こっていない物件でも、建築基準法の条件を満たしていなければ、家を建てることができません。このような物件は再建築不可物件といい、訳あり物件として扱われます。

当社で売却するメリット

  • 他社で断られた物件も最大限対応いたします

    当社では、建て替えが法律上できない物件や、前述したような訳ありの物件など、一般の不動産業者で は買い取りや査定を断られてしまう不動産を積極的に買い取りしております。地震の影響で地盤が液状化してしまった土地や、火災に見舞われてしまった不動産、入居者が殺人や自殺で亡くなられた物件を持つご家族・ご親族の方もお気軽にご相談ください。

  • スピーディーに買い取りいたします

    当社は24時間365日ご相談を受け付けております。ご相談を受けた際には当社のスタッフが直接事故物件・訳あり物件の現地に向かい、査定させていただきます。もちろん、査定に関しましての費用は一切いただきません。直接スタッフを派遣させていただくため、最短で翌日のご訪問が可能となります。

  • これまでの煩わしい売却方法を一新しております

    当社ではこれまで積み上げてきた様々なノウハウを生かすことによって通常大手ディベロッパーでは2週間弱かかる投資判断を、最短1日で済ませることができます。また、他社では面倒になってしまう売却の流れに関しましてもご相談→訪問→契約の3ステップで簡単に済ませることができます。

  • 面倒な手続きすべて受け付けます

    当社には、経験豊富な買い取りアドバイザーの他に独自に契約している弁護士・司法書士・宅地建物取引士がおり、ご相談から契約完了までを弊社でワンストップで行うことが可能です。

  • 即時に現金化いたします

    事故物件や訳あり物件の買い取り・契約に関して、しっかりとお金が入ってくるのか不安な方が大勢いらっしゃいます。そんな方たちに安心していただくために、当社では契約の弁護士共々万全の体制をとっております。どんな状況でございましても適切なアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。