実は事故物件なんて物件ありませんか?自殺・孤独死・災害・再建築不可など…その事故物件は売れるんですよ

大家さん必見!事故物件・訳あり物件の定義甘くないですか?

  1. 定義その1

    物件内での自殺や殺人、物件での災害
    一般的に事故物件・訳あり物件というものはこちらに該当します。物件内で自殺や殺人が起こった場合には物件内の他の部屋も事故物件とみなされます。マンション等の共有部分、エントランス、敷地内の駐車場等で起こった場合も売買において説明が必要となる訳あり物件です。
  2. 定義その2

    昔不祥事があった場所に建てられた物件
    現在の建物で自殺や殺人、災害がなかったとしても過去にその場所で何か不祥事があった場合も事故物件・訳あり物件とみなされます。災害などがあった後で一度建て替えが行われていたとしても、すでに事故物件なのです。
  3. 定義その3

    近隣で不祥事があった物件
    隣の物件で災害・事件があった、近隣に反社会的勢力の事務所や、過激な宗教団体等がある場合でも訳あり物件となります。物件内で直接何か起こった場合でなくても訳あり物件であるという説明が必要となります。
  4. 定義その4

    再建築不可の物件
    現在まで一度も事故や災害が起こっていない物件でも、建築基準法の条件を満たしていなければ、家を建てることができません。このような物件は再建築不可物件といい、訳あり物件として扱われます。

当社で売却するメリット

  • 他社で断られた物件も最大限対応いたします

    当社では、建て替えが法律上できない物件や、前述したような訳ありの物件など、一般の不動産業者で は買い取りや査定を断られてしまう不動産を積極的に買い取りしております。地震の影響で地盤が液状化してしまった土地や、火災に見舞われてしまった不動産、入居者が殺人や自殺で亡くなられた物件を持つご家族・ご親族の方もお気軽にご相談ください。

  • スピーディーに買い取りいたします

    当社は24時間365日ご相談を受け付けております。ご相談を受けた際には当社のスタッフが直接事故物件・訳あり物件の現地に向かい、査定させていただきます。もちろん、査定に関しましての費用は一切いただきません。直接スタッフを派遣させていただくため、最短で翌日のご訪問が可能となります。

  • これまでの煩わしい売却方法を一新しております

    当社ではこれまで積み上げてきた様々なノウハウを生かすことによって通常大手ディベロッパーでは2週間弱かかる投資判断を、最短1日で済ませることができます。また、他社では面倒になってしまう売却の流れに関しましてもご相談→訪問→契約の3ステップで簡単に済ませることができます。

  • 面倒な手続きすべて受け付けます

    当社には、経験豊富な買い取りアドバイザーの他に独自に契約している弁護士・司法書士・宅地建物取引士がおり、ご相談から契約完了までを弊社でワンストップで行うことが可能です。

  • 即時に現金化いたします

    事故物件や訳あり物件の買い取り・契約に関して、しっかりとお金が入ってくるのか不安な方が大勢いらっしゃいます。そんな方たちに安心していただくために、当社では契約の弁護士共々万全の体制をとっております。どんな状況でございましても適切なアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

事故物件を売却したお客様の声

  1. 母が自殺した自宅を売却できてよかった

    神奈川県横浜市

    職業:
    会社員
    家族:
    妻・子供(小学生)
    ご相談理由:
    お母様が自殺されたご自宅を売却したいとのことでご相談いただきました。

    今は、家を売却できたことに一安心です。
    横浜でひとり暮らしをしていた母が自殺し、実家が空き家になりました。自分は、東京で旦那と子どもと暮らしているため、実家を売却することに決めました。最初は、別の不動産会社に仲介をお願いしていたのですが、なかなか買い手が見つからず、1年経って、その不動産会社さんから、築年数が古いこと、さらに事故物件であるという理由でなかなか売却できないと言われました。
    そんな時に、たまたま知った事故物件・訳あり物件駆け込み寺に問い合わせてみたところ、なんとか買い手が見つかりました。本当にお世話になりました。

  2. 息子が孤独死した物件の買い手がすぐに見つかった

    東京都

    職業:
    元会社員
    家族:
    なし
    ご相談理由:
    息子が孤独死した物件を処分したいとのことでお問合わせいただきました。

    息子が孤独死しているのを近所の方の通報で知りました。
    私はすでに80代ですので、息子が住んでいたマンションも使う予定がなく、すぐに処分することに決めました。しかし、事故物件のためすぐに買い取ってもらえるのか不安でした。そんなとき、事故物件・訳あり物件駆け込み寺に相談してみたところ、紹介していただいた業者さんにすぐに買い取ってもらうことができました。物件の買い手が見つかって、不幸中の幸いです。ありがとうございました。

  3. 父が自宅で自殺した物件を売却できた

    千葉県千葉市

    職業:
    会社員
    家族:
    独身
    ご相談理由:
    お父様が自宅で自殺され、その物件を売却したいとのことでご相談いただきました。

    はじめは「事故物件・訳あり物件の専門家」ということを信じていませんでした。しかし、父が自殺した千葉の実家を早急に売りたくて、事故物件・訳あい物件駆け込み寺に相談してみることに決めました。担当の方にお会いしてみると、事故物件に関する専門的な話も、分かりやすく説明していただけでなく、今後自分がどのように行動するべきなのか具体的に教えてくださいました。とても親切丁寧なサポートでした。たまたまインターネットで見つけたサイトですが、今では事故物件・訳あり物件駆け込み寺に相談してみて良かったです。

  4. 共用部分で自殺があったマンションの一室を売却できた

    神奈川県川崎市

    職業:
    元会社員
    家族:
    ご相談理由:
    共用部分で自殺があったマンションの一室を売却したいとのことでご相談いただきました。

    定年退職を控え、定年後は川崎の家を売却して田舎に引っ越そうかなと考えていた矢先に住んでいたマンションの共有部分で自殺がありました。不動産会社を経営する知人に相談したところ、たとえ共有部分での自殺であったとして告知義務があること、そして告知義務のある物件を売却する場合は通常の不動産会社ではなかなかしっかりとした対応ができないことを聞かされました。彼の勧めで事故物件・訳あり物件駆け込み寺に相談しました。結果としてはそれが正解だったと思います。自宅の売却の相談をすると懇切丁寧に対応してくださり、買い手もすぐに見つけてくださりました。

事故物件の売却に関して多くのメディアに紹介されました!!

2016年6月14日の中居正広のミになる図書館にて紹介されました!
2015年6月25日号の女性セブンで紹介されました!

テレビ取材実績

  • 動画で分かる!「事故物件」『中居正広のミになる図書館』

    テレビ取材実績で2016年6月14日に動画でわかる!「事故物件」で紹介されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    6月14日(火)23:15~『中居正広のミになる図書館』の中で「知らなきゃ良かった!」第75弾 最新事故物件編で紹介されました!!

  • TBS系列『噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!』

    テレビ取材実績で2013年9月-2015年2月にTBS系列『噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!』で5度放映されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    2013年9月28日~2015年2月7日 TBS系列「噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!」で5度放映されました!

    放送内容:
    住宅再生支援協会の安達賢太が「格安すぎるワケアリ物件をガンミ」というコーナーで、自殺や殺人が行われた事故物件・訳あり物件を紹介しています。お笑い芸人のチョコレートプラネットと実際に事故物件・ワケアリ物件を訪問し、現場の様子をリポートします。

新聞・雑誌掲載実績

  • 『全国賃貸住宅新聞』

    新聞・雑誌掲載実績で2013年2月18日に『全国賃貸住宅新聞』で紹介されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    2013年2月18日に『全国賃貸住宅新聞』にて掲載されました。

    掲載内容:
    一般社団法人住宅再生支援協会(東京都港区)が開設した事故物件専門仲介サイトには、過去に殺人事件や自殺、住宅火災、近隣に指定暴力団組織、宗教施設、火葬場が存在し、心理的瑕疵(かし)となりうる告知義務のある物件を多数掲載している。
    漆原功代代表理事は、事故物件や訳あり物件など扱いづらく一般では流通しない物件の売り手と買い手をマッチングするために事故物件専門の仲介サイトを立ち上げたと話す。
    一例として、相場が3000万円の中古マンションの価格が事故物件の場合、800万円ダウンの2200万円で譲渡される。このように事故物件は格安で流通することも多く、事故物件を目当てに物件探しをする人もいる。

  • 『リフォーム産業新聞』

    新聞・雑誌掲載実績で2013年1月15日に『リフォーム産業新聞』で紹介されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    2013年1月15日に『リフォーム産業新聞』にて掲載されました。

    掲載内容:
    一般社団法人住宅再生支援協会(東京都港区)が立ち上げた事故物件専門の仲介サイトは、火災や自殺、殺人事件などがあったいわゆる事故物件を、売却したい人と購入したい人とをウェブ上でマッチングさせるサービスを展開している。
    事故物件専門の仲介サイトの立ち上げのきっかけは、仲介事業を手掛けている中で、事故物件を所有しているが扱いに困っているという方にお会いする中で、助けてあげたいという思いだったと漆原功代代表理事は語る。
    事故物件専門の仲介サイトでは、キッチン、バス、トイレ、洗面の4種類のリフォームパックを設けて選べるようにしており、リフォームと併せて中古住宅の販売促進を図っている。

  • 『日刊ゲンダイ』

    新聞・雑誌掲載実績で2012年10月27日に『日刊ゲンダイ』で紹介されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    2012年10月27日に『日刊ゲンダイ』にて掲載されました。

    掲載内容:
    いわくつき物件 最新事情
    問題のあった物件は、リフォームして臭いを消し、見た目を変えることで“痕跡”をなくしているそして価格も下げているため、利回り物件として買う人はいる。築年数にもよるが、もともとが1000万円前後の安い住宅なら、下がっても700万円程度。3000万円から5000万円の住宅で、平均2割下がる。賃貸の場合10万円なら6万円というイメージである。

インターネットメディア掲載実績

  • 『日経電子版』

    インターネットメディア掲載実績として2016年4月29日『日経電子版』で紹介されました。

    【事故物件・訳あり物件】に関して

    2016年4月29日に『日経電子版』にて「住宅再生支援協会」で受けた際のコメントが掲載されています。

    掲載内容:
    周知広がる「事故物件」 海外投資家も熱視線
    居住者が亡くなるなどして、いわくがついた「事故物件」が、メディアに取り上げられ周知されるようになり、過度に敬遠されなくなってきた。「事故物件」の市場が注目され始めており、最近では割安感から需要が生まれている。事故物件を支えているのが海外投資家たちである。
    事故物件を専門に扱う一般財団法人の住宅再生支援協会(横浜市)の担当者は「年間で100件ほどばいあばいを仲介している」と明かす。